POP・VMD・MDの電子書籍

電子書籍で売り上げを伸ばす

【実践MDシリーズNo.17 婦人服店の分類のマーチャンダイジング】

アマゾンで購入できます。
婦人服店の分類のマーチャンダイジング: 科学的なMDにスイッチして業績を伸ばす

本書は婦人服店の分類について解説しています。分類が異なるとMDプランも変わり、収集するデータの優先順位も変わってきます。婦人服を扱うお店(売場)で考えられる分類を7例紹介します。

対象別分類の分類基準である「エイジ」「グレード」「テイスト」が大分類の分類基準の候補に入る場合、そして、入れる必要性のない場合に分けました。前者で3例、後者で4例です。前者の分類基準はエイジ、グレード、テイスト、後者はオケージョン、アイテム、ブランド、単品・コーディネートになります。それぞれの大・中・小分類と売上予算の例を紹介します。

実践MDシリーズNo.17 【婦人服店分類のマーチャンダイジング】 目次

CHAPTER1 婦人服店分類のMD

1.婦人服店7店の概要
 1)大分類(第1分類)の分類基準
 2)7店の大分類
 3)7店のターゲット
 4)商品構成とプライスゾーン
2.分類について
グレード別分類について
3.A店(エイジが分類基準1位)のMD
 1)大・中・小分類
 2)分類にそった売上予算
4.B店(グレードが分類基準1位)のMD
 1)大・中・小分類
 2)分類にそった売上予算
5.C店(テイストが分類基準1位)のMD
 1)大・中・小分類
 2)分類にそった売上予算
6.D店(オケージョンが分類基準1位)のMD
 1)大・中・小分類
 2)分類にそった売上予算
7.E店(アイテムが分類基準1位)のMD
 1)中分類の分類基準はそれぞれ
 2)売上予算はまずアイテム別
8.F店(ブランドが分類基準1位)のMD
 1)大・中・小分類
 2)分類にそった売上予算
9.G店(単品・コーディネートが分類基準1位)のMD
 1)大分類の分類基準が単品・コーディネートの場合
 2)大分類の分類基準がアイテムとブランドの場合

CHAPTER2 収集データ実例

1.売上データ収集の実例
 1)ジャケット
 2)スカート
 3)パンツ
 4)コート
 5)ブラウス
 6)カットソー
 7)ニット
 8)ワンピース
2.お客様要望カード
 1)ウォントスリップ
 2)ウォントスリップ+週間ベストセラー
 3)品切れ伝票
3.その他の収集データ
 1)天候のデータ
 2)気温と天気で売上を予想する実例
 3)仮説と検証の繰り返しが業績を向上させる
 4)半袖の販売数量最大化のため
 5)半袖の販売のピーク日とVPに着せる日
 6)コートの販売数量最大化のため
 7)コートの販売のピーク日とVPに着せる日
 

CHAPTER3 型数算出のイロハ

1.売上予算から算出
 1)取引条件を考慮しない例
 2)委託条件で消化率を考慮した3つの例
 3)買取条件でイニシャルオーダーを抑えた例
2.什器台数から算出
 1)パンスト売場の例
 2)和食器売場の例

CHAPTER4 バイヤーに不可欠な豊かな感性と科学的な思考とは

1.バイヤーには豊かな感性が必要
2.バイヤーには科学的な思考も不可欠
 1)商品分類の決定は「科学」
 2)データに基づいた需要の予測

 

SHOW&TELLの電子書籍

ショーアンドテルが長年に渡り蓄積してきた膨大な資料を電子書籍にて公開します。
POP、VMD、MDなど店舗運営に関わるノウハウを分かりやすく解説しています。

カテゴリー

サイトマップ