【実践VMDシリーズNo.1 売り上げが伸びるお店の作り方】

 

 

『電子書籍—VMDシリーズNo.1【売り上げが伸びるお店の作り方】』が発売になりました。
内容の一部と目次をご紹介します。

『伝え方が9割』というベストセラー本があります。2013年に出版され、2015年に第2弾、2017年1月に漫画化され、シリーズ112万部という大ベストセラーです。

著者の佐々木圭一さんは現在コピーライターとして、また作詞家としても活躍されている方です。上智大学理工学部大学院を卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社し、「人とコミュニケーションができる人間になりたい」との思いが強く、営業職を希望しますが、コピーライターの部署に配属されます。

コピーライターの適正試験の設問は、「生まれ変わったら何になりたいか」でした。佐々木さんは「女子高生が乗る自転車のサドルになりたい」と回答したそうです。それからコピーライターとしての道を歩むことになるのですが、書いても書いても全てボツです。そんな状態が続いたあるとき、伝え方には技術や共通のルールがあり、そして伝え方で人生が変わることを発見します。それを綴ったのが『伝え方が9割』です。「伝え方」に関心のある人が多い証ですね。

小売業も同じです。伝え方には技術やルールがあります。それはとても重要なことで、伝え方の優劣で業績は大きく変わります。設定したテーマを伝えることができれば、ターゲットを引き付けることも、リピーターを増やすこともできます。では、そのためにはどうしたら良いのでしょう。その答えが本書にあります。売上を上げるために何を伝え、どのように伝えるかをわかりやすく解説しました。そして具体的にイメージしやすいように写真を92点、イラストを28点、理解を深めるためのビフォーアフターの事例も23点載せました。「VMDのレベルチェック10の設問」の解答も確認できます。設問1、2では、お客様に今伝えることを決め、次にそれをディスプレーではどのように伝え、売場ではどのように伝えるかを解説しています。本書は売れる店作りの習得に最適な1冊です。(A4版で122p)

アマゾンで購入できます。

売り上げが伸びるお店の作り方: 「伝える」ことが繁盛店を作る 実践VMD

 

※下記●は実例写真です。

VMDシリーズN0.1 【売り上げが伸びるお店の作り方】

1.立ち寄るお客様を増やすために

1)きれいな印象を与えて中身を伝える

1.きれいな印象を与えるために、目に入る色に統一感を持たせる
●目に入る色を統一した例1
●目に入る色を統一した例2
●目に入る色を統一した例3
●色を統一したビフォーアフターの例

2.中身を伝えるためにテーマを絞る
●テーマを絞ったビフォーアフターの例1
●テーマを絞ったビフォーアフターの例2

2)ディスプレーを設置する

●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2
●ビフォーアフターの例3
●ビフォーアフターの例4
●ビフォーアフターの例5

3)魅力的な壁面で引き付ける

●魅力のない壁面の例
●魅力的な壁面の例1
●魅力的な壁面の例2
●魅力的な壁面の例3
●魅力的な壁面の例4

●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2
●ビフォーアフターの例3

2.リピーターを増やすために

1)分類が明確で分かりやすいと好かれる

1.分類とは?
2.分類は分類基準に優先順位をつけて決める
3.分類表示で欲しい商品の居所を知らせる

2)まとめ方が分かりやすくて美しいと好かれる

●まとめ方がわかりやすくて美しい例1
●まとめ方がわかりやすくて美しい例2
●まとめ方がわかりやすくて美しい例3

●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2

3)ディスプレーが美しいと好かれる

●目に入る色が絞られて美しい例
●原則通りに作られた美しいディスプレー1
●原則通りに作られた美しいディスプレー2
●原則通りに作られた美しいディスプレー3
●原則通りに作られた美しいディスプレー4
●ビフォーアフターの例

4)POPの中身が的確で分かりやすいと好かれる

POPの良い例
改善が必要なPOPの例

5)多すぎると嫌われる

1.商品が多いとお客様の居心地が悪くなるので嫌われる

●お客様の居心地を悪くしている例1
●客様の居心地を悪くしている例2
●お客様の居心地を良くしている例

2.ディスプレーが多くても嫌われる

●多すぎるのでごちゃごちゃ感を与えるディスプレーの例

3.商品が適量だと好かれる

●商品を適量にして空間を確保した例1
●商品を適量にして空間を確保した例2
●商品を適量にして空間を確保した例3
●商品を適量にして空間を確保した例4

4.適量に改善したビフォーアフター

●什器を減らしたビフォーアフター1
●什器を減らしたビフォーアフター2
●ディスプレーを減らしたビフォーアフター

6)POPが汚いと嫌われる

●POPを設置して汚くなった例1
●POPを設置して汚くなった例2
●POPを設置して汚くなった例3

7)余計なものが目に入ると嫌われる

1.通路のダンボールは嫌われる
●ダンボールなど余計なものが目に入る例1
●ダンボールなど余計なものが目に入る例2

2.カウンター内の余計なものも嫌われる
●メモなどが目に入るカウンター回りの例
●ビフォーアフターの例
●カウンター回りがキレイな例

3.テーマを伝えるために

1)品揃えの一部だけでも伝えようと考える

1.品揃えの一部をディスプレーで伝える
●ビフォーアフターの例

2.品揃えの一部をPOPで伝える

2)代表商品を伝える売場作り

1.該当商品を売場前面のディスプレーで見せる
2.該当商品を前面に集めて固まりで存在感を強めてアピールする

3)伝えるために並べ方のルールを決める

1.定量
2.色の順番
3.サイズの順番

4.ディスプレーの原則とは

1)商品選定の原則1

●統一性の原則に基づいた例1
●統一性の原則に基づいた例2
●統一性の原則に基づいた例3
●統一したビフォーアフターの例1
●統一したビフォーアフターの例2

2)商品選定の原則2

1.旬で在庫が豊富な商品が飾られている
2.色に統一性がある
3.アイテムに統一性がある
4.価格が中心価格以下

3)構成の原則

1.安心感を与えてゆっくり見てもらう原則のトライアングル、シンメトリー
●トライアングルの例1
●トライアングルの例2
●シンメトリーの例1
●シンメトリーの例2
●シンメトリーの例3
●シンメトリーの例4

2.強く印象づける原則のリピート
●リピートの例1
●リピートの例2

3.目にしてもらうための構成
●クロスコーディネイションの例
●タイトの例1
●タイトの例2

4.売り上げに結びつける構成
●売り上げに結びつける構成の例1
●売り上げに結びつける構成の例2
●売り上げに結びつける構成の例3

4)VMDとは

5.VMDレベルチェック10の設問と解答

1)コートを売りたいとき

2)パンツを売りたいとき

3)分類について

4)改善ポイント1

5)改善ポイント2

6)科学と感性

7)仮説を立てる

8)テーマの設定

9)売り上げに結びつくPOPの作り方1

10)売り上げに結びつくPOPの作り方2

※上記●は実例写真

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

関連記事

新刊「売り上げが伸びるお店の作り方」が繊研新聞に紹介されました

2017年10月27日の繊研新聞に新刊が紹介されました。 赤枠で囲った箇所に下記の文章が載って

記事を読む

  • ショーアンドテルはPOP、VMD、MDなど店舗運営に関わるノウハウを分かりやすく解説した電子書籍を出版致します。
    意欲はあるけれど、どう進めたら良いかわからないという方、一流のバイヤー、実力ある店長を目指したい方には重宝する内容となっています。

PAGE TOP ↑